求人お助けガイド│未経験者を育成してくれる会計事務所がベター

状況に応じて

笑顔

会計事務所などに就職や転職を考える際に取得していると有利だと言える資格が公認会計士や税理士、米国公認会計士、日商簿記、社会保険労務士などの資格を取得していることが望ましいとされています。
日本では一般的に、企業の財務関係をまとめる経理業務を行なう程度であれば日商簿記の3級程度の能力があれば十分働けるレベルだと言われています。
会計事務所などでも税理士資格を持っていない場合でも日商簿記3級を所持しているスタッフが活躍しているということもあるので最低でも日商簿記3級を取得していれば会計事務所で働けるということを覚えておきましょう。
しかし、スキルアップをしてより高いレベルを目指す場合や大手企業への就職や転職を考えている場合は税理士資格や公認会計士の資格を所有していることが望ましいでしょう。
さらに、大手に就職する場合は国際的な取引を行なう企業のためにも米国公認会計士の資格を取得しておいた方が良い場合があります。
また、企業によっては年金や医療制度などを扱う事もあるので社会保険労務士の資格を取得しておいたほうが良い場合もあるので世の中や企業のニーズに答えることが必要になってきます。
一般的な会計事務所の場合は日商簿記3級があれば働けるでしょう。
しかし、国際的な企業から依頼をされた時の事を考えて今後必要になってくる資格を取得しておくことも大切です。
今後の必要だと考えられる資格を取得しておけば求人募集がかかった際に就職を有利に進められる場合があります。