求人お助けガイド│未経験者を育成してくれる会計事務所がベター

時期を狙う

笑顔

会計事務所への就職や転職は実際に会計事務所で働いたことのある方が有利だと言えます。
人気のある会計事務所の場合は募集が多いと資格や実務がとても大切になってくるので実務実績と資格の両方を取得しておいた方が良いでしょう。
求人情報サイトなどでも実務経験があり、税理士試験科目を取得している方が望ましいと書かれていることが多いのでしっかりとキャリアを積む必要があります。
最近では、会計事務所も人材の年齢をバランスよく採用するようになっているので、20代の方で実務経験が3年程度で資格を3科目以上取得して入れば新人として会計事務所に転職できる可能性は十分にあります。
実務経験が浅い場合でも、税理士試験科目を4科目以上合格していれば幾つかの大手求人で採用されるレベルと言っても良いのでしっかりと勉強して試験に合格しましょう。
経験者はすぐにでも就職や転職ができる可能性があるので、求人情報サイトの情報をしっかりと集めて転職の機会を探ることが大切です。
小規模な中小の事務所の場合は採用情報などがなかなかでませんが、中堅や大手の会計事務所の場合は転職シーズンと呼べる求人情報サイトに求人情報を掲載する時期が年に数回あります。
もっとも採用率の高いのが8月初旬にある税理士試験の後です。
このタイミングで、新卒や未経験者を採用することが多いので弁護士事務所に就職を希望する場合はこの次期を狙って就職活動を行いましょう。
大手も新人育成などをするために若い世代を求めているので、この時期はしっかりと活動的に動くことが大切です。
経験者の場合、確定申告が始まる年末年始の前です。
多くの方が確定申告を行なう時期なので、経験者は即戦力としての活躍が期待されます。求人に応募すると採用される確率が高くなります。
このように、求人情報にも採用されやすい時期などがあるのでチャンスを伺いながら就職や転職活動を行なうと良いでしょう。